•  指導方針

       学校経営計画に基づき、食品に対する多方面からの知識と、専門的な技術や知識を習得させる。また、本類型は全国工業高校の中でも唯一の学科であり、工業的に食品を取り扱い、多角度かつ独創的な知識・技術や能力を養うため、実習を中心に以下の点に目標を置いている。

       (1)新教育課程の趣旨を踏まえた情報教育・課題研究の充実
       (2)工業高校全般で学ぶ基礎的な知識と技術の習得
       (3)基礎的・基本的な食品の分析・検査等の知識と技術の習得
       (4)実習を通して、微生物に関する知識・技術の習得、食品の衛生と安全に対する心構えを習得
       (5)実習を通して、食品を工業的に生産するための製造理論及び機械や装置の構造などの習得


       

          
  •  

    ページのトップへもどる